性癖について考える

性癖を決定づけた青年コミック『新・美少女症候群 4 鳳凰編』

1990年代は、ロリにも同人にもおおらかな時代だった

小6か、中1くらいだったかと思います。

親に隠れてすでにオナニーもしてて、オカズ、エロというのは自分の中では「エロマンガ」でした。

当時としては、カワイイアニメ絵の女の子の裸、くらいの位置づけだったと思います。

ペンギンクラブとかまだあるんですかね。

コンビニや本屋で売ってるドギツイおばはんの裸ばかりの雑誌や、グラビアアイドルDVD、親兄弟が持ってるAVではなかったんすよね。

なんかすごい、人間のは汚らしいというか、まったく欲情しなかったのを覚えてます。

で、当時はインターネットもなかったし今ほど簡単にエロが入手できない時代。

一方で、コレ、普通に書店で買えたんだから今となっては驚きです。

まぁコレ持ってレジに来たのが17〜18歳くらいだったら書店員もギリギリ見逃すか???

鳳凰編ってのは、火の鳥からもらってるんですかね…。

今でもよくわからんです。

少し前まで同人や商業で活躍していた作家さんもいますが、基本的には同人誌の寄せ集めな本です。

エロ本のコーナーになくて、普通のマンガのコーナーにありましたね。

最初のこの作品には何度もお世話になりました。

当時としては珍しい断面図描写がありましてね。

性癖を決定づけられたような気がします。

この作品は妙なストーリー設定が多くて、エロ描写はほんとに短かった。

中学生くらいのリアルな裸ってこんな感じかなとイメージした気がします。

この作品にもお世話になりましたね。

ロリとショタのカップルが、フェラからのごっくんに、中出し。

イマイチ抜きにくかったですが、ヴァンパイアハンター/セイヴァーのキャラクター。

地獄先生ぬ~べ~のキャラクター。

レッツエンドゴーのキャラクター。

こうした「アニメのキャラクターのエロ作品」=「エロ同人誌」という認識はこの本で持った気がしますね。

ロリ、断面図、ザーメンごっくんといったフェチはこの本で植え付けられたんだなぁと懐かしがてら振り返ってみました。

もしかしたら、そういう原点になったエロ本、君にもあるんじゃない?

-性癖について考える